excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:気付き( 66 )

正念場


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




ドバイ危機
今後、どんな形で我々の生活に影響をするのでしょうか?

保険代理店として肌で感じる事は、
契約者の方々の節約意識が高まり、
今後もそれが続くと思います。

それは、現実であり、
これから少なくとも数年間続く現実だと思います。

その現実を受け止めて、
どんな経営方針を取るのか?

そこが、とても大事だと思います。
そこを意識しないと、代理店経営も危機に直面すると思います。

各代理店で対策は違うと思いますが、
正念場の数年間が始まろうとしています。


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-12-03 08:30 | 気付き

災害続きです・・・・


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



和歌山は災害続きで、10月の台風18号被害の後、
11月11日に時間雨量120ミリの豪雨!!大きな被害が出ています。
そして11月14日は近所のJRの駅付近で、
早朝、ミニ竜巻が発生!。。。。。



被害がミニ竜巻の通り筋沿いに点々と数件発生。

一軒のお宅(契約者)はミニ竜巻の尻尾に触れ屋根瓦が飛んだ!
ミニ竜巻の尻尾の通過した場所が筋状に瓦が飛んでしまってる・・・・・(--;

c0071184_20333822.jpg



c0071184_20384815.jpg



塀が30メーター倒れました・・・

c0071184_20392382.jpg






鑑定人の先生と現地調査しましたが、損害見積速報で概算●百万円と言う凄さ・・・
(御免なさい、目下、損害額は業務秘密で伏せ文字です。)

風災害だったのですが、価格協定特約付きの総合保険だったので、
保険金がお支払いできます!


実は、この現場のごく近くのビルも11日の豪雨で排水設備が詰まり、
ビルの5階から3階が漏水すると言う大きな被害も出ています。
エレベーター2台に水が浸水し物凄い事に・・・・・

損害見積速報で概算●百万円

こちらも、排水設備の漏水事故ですが、
新価特約付きの総合保険だったので、
保険金がお支払いできます!




この2件で合わせて保険金の支払いは大台になる勢い・・・・


保険に御加入頂いてなかったら、この金額が全部、
個人や企業の負担になるところ。

支払える保険に御加入頂いて、良かった!


(閑話休題)


今回、被害に遭った方の中に、火災保険をご契約で、
建物の保険もお勧めしていたのに、家財しか御契約頂けてなく、
未加入だった方がいらっしゃいました。。。。。


こういう事があると、
定期的に『リスクマップ360度』をお知らせする事で、

『まだ保険でカバーできていない部分はここですよ!』
という事をしっかりと御契約者様に定期的に認識頂く事が
本当に大事だなと感じます。


この行動を定期的に行なわないと、お客様は、
『火災保険を任してたのに!!何故、建物被害駄目なの?』と、
加入しなかったのは契約者の意思だったのに、
責任転嫁される場合も出かねない!

(ちなみに、今回、無責だった方は、
『家財しか加入しなかった事』を直ぐに想い出してくれ、
責任転嫁はされませんでした。・・・でももっと説明して
弊社で御加入頂き、保険金をお届けしたかった・・・・反省)



定期的に『リスクマップ360度』を実践すれば、
未加入のリスクに早く契約者が気付いて頂けます。

そして、万が一の場合も、

『この部分はお勧めしていたのに、御加入いただけて無かったのです!』と
理解頂くのがスムーズだと思います。

そして、お勧めした保険に、ご加入頂けず、
災害事故が起こっても、未加入で支払えなかった際の
代理店としての悔しさ、無念さを、
しっかりとこう言う機会にかみ締めないといけないと思います。


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-11-16 20:30 | 気付き

光陰矢の如し


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




今年もカレンダーを配る時期となった。
本当に時間が過ぎるのは早いものだ。

歳を取って、四捨五入すると50歳になった頃から、
特に時間の過ぎるのが早くなった気がする。

本当に、『光陰矢の如し!』である。



『意識して目標とする事』をしっかりと持たないと、
どんどん無為な時間(何も成さない時間)が過ぎて行く。


『今日は何が何でも、時間内にこれをやりきる!』
それをしっかりと意識して、
手帳に書いて、そして1日何回もレビューする事。

これをコツコツと毎日続ける事。
そうすれば、ある日、急に変化が起こる!
変化が起こるまでは、自分と向き合う行の時間です!!

今年の残りの時間を、しっかりと充実させましょう!


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-11-10 06:20 | 気付き

空想上の政策


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




『資本主義経済の限界』と言う言葉が最近気になる。

『資本主義』の原点は、
『お金を借りて、利息をつけて返す』
と言うことである。

『利息を付けて返す』と言う事が出来なくなったら、
大変な事が起こる。

JALの問題も取り上げられているが、
このまま昨年来の不況が長引けば、
世界規模で、『利息を付けて返せない』と言う状況が起こりかねない。

有る金融機関の方にこの話をしたら、
『大丈夫ですよ!信用保証会社が払ってくれます!』と一笑。


昨年、話題になったCDSと言うのが、
簡単に言うと『信用保証の保険』みたいなもの。

アメリカでは、『信用保証の保険』が機能しなくなると、
金融機関の連鎖倒産になり、
金融パニックになるといけないので、
『信用保証の保険』を扱ってる会社に公的資金を投入している。

人によっては、『経済が即死』しないように、
『生命維持装置』でこん睡状態の経済を
延命させている。と言う人もいる。

(閑話休題)

『富の集中』により、社会の末端までお金が行き渡らない。

『安い物を求めて購買力が集中する』と言う現象が、
日本国内で作られた国産品を買わず、
中国やベトナムと言った安い賃金で生産できる国で
つくられた商品に購買力が集中する。

結果、日本国内の労働者は安い賃金で働いて、
そして、安い賃金でも仕事がなくなり、
物を買う力を失っている。

その購買力を戻そうと、
『定額給付金』や『エコカー減税』他様々な政策が打たれている。


でも、根本的に、日本国内の労働者全体に
仕事を与え、十分な給与を与える政策を打たない限り、
購買力が戻らす、結果として、
経済崩壊の方向に動く。


一体、どうすれば良いのか?


『三つ割銀制度』と言う事が有る。
会社が儲けたら、利益の1/3づつを、、
『社会』『従業員』に還元し残りの1/3を『設備投資』に回す。

今の日本は、富の集中で、1%の資産家が
国民の25%の資産を所有している。
アメリカでは1%の資産家が
国民の40%の資産を所有している。

資本主義と言うゲームが進み過ぎて、
もう一回ゲームの振り出しに戻す時が来てる。

しかし、『財産権』という問題も有る。
簡単に貯め込んだ財産を没収して
全国民に配る訳には行かない。


どんな方法が有るだろうか?


貯め込んだ資産を一定期間内に使わないと、
66%が税金で取られてしまう。
集まった税金で消費刺激策を取る。

そんな、ある意味、共産主義的な政策を取らないと、
今回の危機が回避出来ず
経済崩壊に向かう気がする。


これからは、今までの常識からは、
思いもよらぬ政策が飛び出してくる時代になる。
過激な政策でしか、ゲームを振り出しに戻せない時代である。


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-11-08 20:58 | 気付き

見える化


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




『無駄とり』とか『見える化』と言う事がブームになってる。

試しにチョットやってみたら、
1日の電話の受け件数24件
1日の電話の発信件数10件と言う凄い数字に
直面しています。


電話の件数TOPは、
1)訪問アポ等12件(継続・新規)
2)事故処理に関するやり取り8件
3)契約内容に関する事4件(異動含)
3)業務の問い合わせ3件
4)社内連絡3件
5)商工会議所関連3件
6)代理店からの電話1件

と言う状況。

夏以降、人身事故が多いし、
台風の被害の見積に時間が掛ってる案件もある。
死亡事故の民事裁判の答弁書で
契約者が不安がつのり、説明の電話をさせて頂いたり。

代理店経由での事故対応
時間内でシンプルに、いかにこなすか?

これしっかりと考えないと、
新規営業の時間がドンドン食われます。

要確認ですね!!

『見える化』の時間も凄くかかりますが、
まー夏休みの宿題と思い、
修行を続けます!!



ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-10-30 08:18 | 気付き

塵も積もれば・・・・・・


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




塵も積もれば・・・・・・

『毎日、少しずつ、一歩前に出る事が大事だな!』と強く思います。

逆に言うと、
『毎日、少しずつ、やるべき事を先延ばしにすると、
それを一気にやろうと思ったら、とんでもなく大変!』

分かりやすく言うと、『夏休みの宿題』ですね!!


この世の中、毎日早起きしてラジオ体操して、
そして涼しい時間に、コツコツ宿題をこなし続けた人間、
そういう習慣を身につけた人間が間違いなく成功します。

もっと言うと、毎日、日記を付けて、
毎日のレビューをキッチリとやる習慣が有ればもっと成功に近づく!

そして、毎晩、時間とお金の帳簿を付ける。
明日の行動計画のイメージトレーニングをする!

そして、良い言葉を並べたお経を毎日読み上げる!!

そんな基本的な事が、物凄く大事だと再認識してる、
今日この頃です。


以前、京セラの稲盛会長が、


『因果応報』と言うが、
世の中、悪い事をしてる人が豊かになり
成功してる場合が有るのでないか?

と言う質問をよく受けるが、

数年程度の短いスパーンで考えると、
確かにそのような事が起こる。

しかし、30年40年50年と言う長いスパーンで考えると、
『良い行いを常に続けてる人が手にする成功』は大きく、
『因果応報』と言う言葉が当てはまる!!

と言う意味の事を仰っていました。


毎日、毎日、善なる行いを習慣化する!!

これ、物凄く大事だと思います!!

ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-10-29 23:18 | 気付き

山と谷


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




プラスとマイナスはの総和が丁度0になるように、
世の中の仕組みが出来ている。

例えば、銀行は

(+)預金者から預金してもらう
(-)資金が必要な人に貸し出す

例えば、1億円の預金があり
1億円貸し出したら、

(+)1億円と言う山と
(-)1億円と言う谷が
出来る


借り手は、借金を毎月返済し、
(-)の谷が浅くなる。
最後は、返済完了で、
債権と債務が0になる。

すなわち、借金の返済と言うのは、
谷と山が段々浅くなり、谷も埋まるし
山も削られた状態である。


でも、これが毎月返済されないと、
凸凹の山と谷が残った状態になる。


経済が順調な時は、
お金が貸し出され、
大きな高い山と深い谷が出来る。
でもすぐに、平らになって、
また貸し出して設備投資が行なわれる。


利息をつけて返してもらえる!
そう信じるから、
この一時的な山と谷が出来る。

でも、貸した金が返ってこないとなると、

当然、預金する人は減る
でも、借りたい人は増える。。。。。

日本の政府が、
『借金返さなくて良い!』なんて言ってしまうと、
それだけで、資金が日本から逃げてしまう。


金融危機が遠のいた!などと言われているが、
まだまだこれから!!

深い谷をどのように埋めるのか・・・・・
何も解決していない気がする。。。。




ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-09-27 21:03 | 気付き

生き残り


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




お盆休みも終わり、
会社は9月末実績を意識する時期となって来ました。

今後、損保代理店業でどのように生き残って行くのか?
『今までの延長で、同じやり方で細々とやろう!』と言う意識では、
絶対に生き残れない時代に入って来ています。


多くの保険代理店が、
『保険会社の手数料率が、下がった!』
『細かい事を言うようになった!』
『昔のやり方が良かった!』
と言う話をされます。


でも、
『何故、手数料率が下がり始めてるのか?』
『何故、細かい事を言うようになったのか?』
『何故、昔のやり方では駄目なのか?』
と言う事を考え、

そして、これから20年後の間に、
どんな変化が起こるのかをある程度予測して、
代理店業を行わないと、
変化の激しい時代の中で、ビジネスモデルが迷子になります。


その際に頭に入れるポイントは
①日本経済の順調な高度成長期から、後退期に入り更に減退期に入る。
②少子高齢化現象が今後急激に進む
③個人の貯蓄率の急激な減少が起きる
④1億総中流家庭の意識が無くなり、貧富の差が広がる
⑤20歳~40歳の給与所得者の所得が伸びなくなる
⑥都市部と地方の経済格差が広がる
⑦地球的な食糧不足の時代が来る
⑧『日本は先進国で豊かな国』と言う常識が崩れ始める
etc.



さて、これから突入する不透明な時代、
一体、どんな産業が繁栄し、どんな産業が衰退するのか?

どんな人が富み、
どんな人が窮するのか?


自動車社会はどう変化するのか?
自動車保険はどう進化(変化)するのか?
変化は止まる事があるのか?


自動車だでなく、
色々な社会現象の未来を想像して欲しい。



そして、そんな未来の中で、
生き残るにはどう変化しないといけないのか?


変化の中では、

①廃業
②吸収される
③吸収する
と言う3つの形しか選択余地が無くなると思う。


それも、スケールとしては、
代理店同士の吸収なんて生易しいものでなく、
保険会社と保険会社の吸収合戦、
生保会社と損保会社の吸収合戦、
金融機関(銀行・証券会社・保険会社)の吸収合戦
そして、その吸収合戦の中で、
生き残れる代理店、生き残れない代理店が出ると思う。

無論、日本の経済が縮小するから、
日本人一人当たりの可処分所得も減少し、
消費者から保険分野に流れ込むキャッシュフローも
どんどん減少する。


経済成長期には、『高くて高品質な物への憧れ!』で
高い商品が売れ、消費者から保険分野に流れ込む
キャッシュフローもどんどん増加した。

しかし、後退期、減退期に入ると、
『品質より、とにかく安いもの』を求める消費者が多くなる。

それが、20年くらい続くと一体、
日本経済はどうなるのか?


保険は無くならないと思うが、
例えば、自動車保険の加入率が70%の時代が到来したら、
それこそ、『示談交渉サービス』を機能させるのが難しくなる。


想像すると物凄い時代が来ると思う。
この物凄い時代を生き抜くには進化するしか有りません。


進化をする時に、方向を間違うといけないと思います。

①その進化が、自分らしさを保つ進化である事。(個性を失わない)
②その進化は、他社とのサービスの差別化につながる事。
③自分がコントロール出来る進化である事。
④その進化を、お客様が喜んで受け入れてくれる事。
⑤進化に合理性があり、長く無理なく続けられる進化である事。
⑥進化の方向が、今までの自社の得意分野に関係していること。
⑦進化をする為の費用のキャッシュフローが読める事
⑧大きな、根本的な変化には時間もお金も掛るので、
 現体制、今手元に有る持ち駒の範囲内でまず始められる変化である事
⑨社長や従業員が『心からやりたい!』と思う変化である事
⑩数か月単位で、変化の効果を数値で評価出来、再現性が有る変化である事。


こんな点をしっかりと考えて変化していかないといけないと思います。


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-08-17 22:51 | 気付き

家庭菜園から学ぶ


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




家庭菜園の収穫、大漁です!!

c0071184_16395223.jpg


きゅうりは収穫忘れてたら、ゴマスリ棒程の太さになりました。
トマト、ナスも豊作!!


c0071184_16403328.jpg

先々週の日曜日に植えた、
サツマイモの苗は、猛暑で枯れそうでしたが、
ここ数日の雨で回復して、元気に活着したようです。


c0071184_1640587.jpg

それでも、6月中旬に植えつけたサツマイモとは、
えらい大きさが違います。

7月中旬植え付けで何処まで収穫できるか?
楽しみです!!

保険の営業もそうですが、
堅い畑をしっかり深く耕して、
面倒見れば、しっかりと収穫出来る!


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-07-28 07:33 | 気付き

小さな変化ではない!


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




経済状態の悪化がジワジワと地方都市にも押し寄せている。

私は、タクシーに乗る際には運転手さんに、
『1日の売上目標はいくらですか?』と伺うようにしている。

昨年の今頃は和歌山市内だと
『1万円8千円です』と言う答えが多かった。

今は、『1万8千円ですが、最近1万円がやっとです。。。。。』
と答える運転手さんが多い。

(閑話休題)

弊社では、今年に入り、
自動車の『廃車』による『中断証明発行手続き』が
例年の2倍程度になっている。

消費者は車の台数を少しでも減らす方向に動いている。


また、原付バイクの利用が多くなり、
原付バイクと自動車の事故が多くなっている。


自動車保険の満期更改でも、
『子供は滅多に自動車に乗らなくなったので、年齢条件を変更したい』
『今後は他人に運転させないので家族限定して欲しい』
と言った要望がかなり多い。

不景気で、『通販にお客様を取られた!』と言う代理店さんの話もよく聞く。



景気の後退、高齢化社会によって
今後、自動車の台数は物凄い勢いで減っていくと思う。
(個人的な意見だが、ここ数年は、年に1~数%くらい減る気がする。)


売り上げに自動車保険が占める割合は、私の知るプロ代理店だと、
売り上げの90~50%である。
代理店の屋台骨とも言える商品だ。


その商品の市場が急激に変化しようとしている。
市場が変化すれば、生き残れる代理店と、
退場する代理店に分かれる。


『自動車が増える時代』 から 『自動車が減る時代』 に突入した。

それがどうした?
と思われる人も多いと思いますが、
これは、とんでもない大問題です。

普通に営業活動してても、売り上げが自然増する時代は終焉を向かえ、
普通に営業活動していたら、手数料が5~10%も減る時代に入ったと
認識すべきです。


早くその事を認識して、
どのよう代理店経営をするのか、
しっかりと対策を考えて実行しないと
今まで通りやっていたのでは、
生き残れない事は確実です。

5年後には代理店の数が20~50%くらい減ると思います。
募集人の数も微減になると思います。

厳しい荒れた海を、一人で渡るのか、
仲間と渡るのか?

仲間と渡るなら、どんな夢を共有する仲間と
荒海を越えるのか?

色々な事を考えるタイムリミットが迫ってきています!



ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-07-16 06:35 | 気付き