excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 03月 22日 ( 1 )

久しぶり!神戸・六甲


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!


何十年ぶりかで、神戸大学の研究室を訪問しました。

御世話になった中西テツ教授の
退官最終講義を受講して来ました。

c0071184_15315912.jpg

『昔は、アグネスチャンみたいに可愛かったのよ!』

確かに、可愛らしいしウイットに富んだ先生でした。




御名前が、テツだけに、
『徹する!』
『筋を外さない!』
『遣り切る!』

と言う事を常に指導頂きました。


c0071184_15381353.jpg

私が担当した実験の後を、後輩達がキッチリ仕事してくれて、研究テーマが、この20年間で解明され、
かなり凄い事になっていました。





私が学生の頃は、
『この研究、40~50年掛かるだろうな。』と
感じていましたが、
中西教授は20年で、ゴールまで解明されました。


分析技術の進歩と言う事も有りますが、
やはり、粘り強く、信念を持って
研究された結果だと思います。


c0071184_15433720.jpg
2次会は、神戸大学が所有する、
明治時代の洋館で50名弱参加で行われました。

右端の方は東北大の西尾教授、仙台便が満席で山形から来られました。
右から2番目はカルビーの植村グループリーダー、北海道・帯広から来られました!





ところで、『何の研究してたの?』


~日本梨の自家不和合成に関する研究~
と言う難しいテーマでした。

例えば、長十郎という梨は、
自分の花粉を受粉しても、実がなりません。

何故かと言うと、
自分の花粉である事を認識して、
めしべ(花柱)の花粉管誘導組織内で
花粉管の伸長が止まります。

『何故、花粉管が伸びないのか?』
『どんな認識反応が起こってるのか?』
と言うのが研究テーマでした。

当時から、
糖たんぱく質が認識反応に関与してる!
と言われてましたが、
事実、糖たんぱく質を発見して、
それが、S-RNaseというもので
ある事を解明して、たんぱく質の構造まで解析して、
遺伝子型確定法まで確立しちゃったのです。

本当に、中西テツ先生は偉大です!!

『私は、何も解らなかったのですが、
出会った多くの先生達が私にヒントを与えてくれ、
学生達が一生懸命試行錯誤で研究してくれて、
こんな事が出来ました!』
と言う内容の事を仰っていました。


教授って、会社の社長と同じだなと感じました。

教授自らが研究をする事はもちろん、
情報集め、資金集め、人集め、やる気集めに
東奔西走する!!

そして、この研究を期限までに遣り切るのだ!
と自分の心の中で強く決めている!!



中西教授、本当にご苦労様でした!!



BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!
 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2008-03-22 23:58 | 学び