excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


決済システム


  ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


昭和の金融恐慌は、

銀行の倒産⇒取りつけ騒ぎ

と言うのが大きな発生源だったようです。

それを回避する為、片面200円札が銀行に山積みされ
預金者の安心感を誘い、取り付け騒ぎが収束した。


今回の金融危機では、
アメリカ政府は、預金保護を打ち出しています。
だから、取り付け騒ぎには発展しない。






銀行が経営危機になり、
預金保護をすると言う事は、
税金で銀行に公的資金を注入すると言う事です。

最悪銀行が破綻して、引き取り先が無ければ、
最後は国有化されると言う事です。


日本のバブル崩壊の場合、
公的資金が注入され、
銀行の貸し渋りの発生、
そして、超低金利政策により、
銀行は、預金者からほぼ0金利で預かった預金を
貸す事で利益を上げ、不良債権を整理しました。

でも、その不良債権処理の出口が見えるまで、
長いデフレに日本は突入しました。


さて、本来、資本主義って、
競争経済で、経営が悪く潰れる銀行があれば、
キチンとした経営で潰れた銀行のお客様を引き込み、
シェアーや利益を上げる銀行が有って
バランスが取れるものです。


今回のアメリカのように、
銀行総倒れになりかねない現象が起こると、
下手すると、銀行は全部国営化。。。。。
なんて事が起こりかねません。


さて、国営化された銀行が、
物凄い借金を抱えていて、
『これは返済目処すら立たない。』となると
一体どうなるでしょうか?


アメリカ国債の暴落やドルの暴落が起きます。




さて、ここでもうひとつ質問。
アメリカ国債は誰が買ってるのか?


日本のバブル以降、
日本の金融機関は株式投資での運用割合を下げ、
債権の運用割合を上げています。

アメリカ国債を沢山持ってるのは、
実は日本の金融機関なんです。




だから今回の問題、
上手く処理しないと、
日本の銀行も存続の危機⇒国営化
なんてとんでもない事になりかねません。

日本だけでなく、世界の銀行が国営化?
なんて事になって、何が何やら分からない状態(--;
『一体、お金の価値って何???』
と言う混沌とした状態になりかねない。。。。


結局、今回の問題は、
世界の経済の決済システムが崩壊する危機
なんです。


世界の金融決済システムが不安定になると、
世界貿易も影響を受けます。

海外の国も、
決済システムを信頼するから、
資源や原油や食料を輸出してくれる訳です。



だから、今回の金融危機の後に、
数年すると輸入に依存している食料や資源の高騰が
発生して、かなりのインフレが発生して、
その結果、債権の処理が一気に進む。

でも、インフレに対応できない人と
インフレに上手に対応できる人で
貧富の差が大きく開くと思います。



地球温暖化は物凄いスピードで進んでいますから、
日本は食糧とエネルギーの自給率を上げないと、
生き残って行けない時代に突入すると思います。

逆に言うと、これらの技術が今後の日本を救うと思います。





BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!

 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2008-10-18 08:16 | 学び
<< 未来はどうなるか? M&Aの裏話 >>