excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近考えてる事

皆様こんにちは!ベストライフのヒロ・ヤマザキです。
休日を如何お過ごしですか?

休日にのんびりしてる様ではTOP営業マンとは言えませんね(^^;
法人化以前の個人事業所得の確定申告の書類を作る為に
今日は時間を空けています。
このBlogを書き終わったら、また領収書の山と格闘です(^^;

やるべき時にやるべき事をやっておかないと、
肝心な時に大変な思いをして代償を支払わないといけない!
その為には『スケジュール管理』と『精神面の管理』が必要ですね。



さて、フルコミッション制の保険業界に入って営業面から思う事は、
『見込み客を発掘する方法』が一番大変だと言う事です。
そこで、色々と勉強すると『紹介者』と言うキーワードが出てきます。

ここ1年くらい、生命保険の販売方法を代理店仲間で検討しあう中、
『いかに売るか?』『いかに紹介頂くか?』という事をテーマに
学んできました。

先日、その勉強会で『売りたい!』と考える事がいけないのでは?
『いかに売るか?』『いかに紹介頂くか?』を考え過ぎるから
売れないのではないか?

『いかにお客様に喜んで頂くか?』
『お客様にいかに満足頂くか?』
その着眼点で考える方が良いのではないか?
と言う問題提起をしました。

仲間からの反響は、『何故、売りたい!』と思って、
『いかに売るかを考えてはいけないのか!』
と言う素朴な質問でした。




保険業界に入る前に、有る友人から、次のようなアドバイスを
頂戴しました。

(友)『お客様は神様です!と言う意味を知ってるか?』

(私)『お客様は、お金を運んで来てくれるのでありがたい!
    と言う意味ですか?』

(友)『お客様は「神様の目を持つ!」と言う意味だ!』
   『口先だけ、自己の利益だけ求めて行動しても
   簡単に見抜いてしまう。』
   『要は山崎さんが、本当にお客様のお役に立ちたいと
   本当に心から思って、行動してるかどうかは,簡単に
   見抜かれてるんだよ!』


又、先般、活躍されている大阪の代理店さんが次のようなお話を
されていました.

『私も長年保険代理店やってきてやっと最近わかりました。』
『お客様は生命保険の話をする時に、どんな顔で代理店が
話しているか?その事を見ているんです。』


上記の2人の方が教えてくれている事は共通すると思います。

『売りたい!』と思って話す営業マン
『お役に立ちたい!』と勧める営業マン
皮肉な話だが、売れる営業マンは『売ろう!』と思わないから売れる。
売れない営業マンは『売ろう!』と思うから売れない。


最近、営業の真実はそこに有るのでないかと強く思います。
『いかに売るか?』『いかに紹介頂くか?』という問いの答えは、
『いかにお客様を満足して頂くか?』
『いかにお客様に喜んで、気持ち良くなって頂くか?』
その事が出来た時に、『売れる』状態と『紹介連鎖の波』が同時に
やってくると思います。

[PR]
by snapkin7snapkin | 2005-03-05 10:18 | 営業
<< 前職の営業活動 そこまでやるか? >>