excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


レバレージ

成功心理学の本にも、株式投資の本にも、
『レバレッジ』と言う言葉が出てきます。

『全部1人でやろう!』とすると、
時間がいくらあっても出来ない!

例えば、良くある例え話、
『無の状態から、自動車を開発しようとしたら、
天然ゴムの開発、タイヤの開発、ホイールの開発、
エンジンのピストンの開発、ピストンリングの開発・・・
これだけでも1人でやれば人生が終わってしまう。
そして思う、自動車が創りたかったのに、
天然ゴムの開発で終わってしまった。。。。。
(それはそれで価値あることですが、
夢のゴールの場所が違った!)』

そこで、『自動車を開発する!』と
言う夢に共感できるメンバーを束ねて
役割分担して開発すると、
決められた期間で自動車が開発できる!


メンバーの
『 お金、夢、ポリシー、理念、やり方 』を束ねて、
短期間に『人・物・金』を集中投資して、
1人でやるスピードの10倍、100倍、1000倍のスピードで
やる事が、『レバレージを利かせる』と言う事。

注意点は、きちんとした準備とイメージが無いのに、
やみくもに『レバレージを利かせる』と、
お金とやる気と時間を失います。

それも、1人でやる数十倍のスピードで失います。

逆に、上手く行くと、1人でやる数十倍のスピードで
成功に近づけます。


プラス領域でレバレージをかければ、一気に成功する。

マイナス領域でレバレージをかければ、一気に失敗する。


さて、ここで非常に大事な事。

世の中の成功者は、最初から
プラス領域でレバレージをかけて、
一気に成功してきたのか?

この答えは『NO』

成功者は、何回も失敗して、
マイナス領域のレバレージに苦しみ、
破壊、再生を繰り返しています。

やろうとした事のレバレージが上手くきいていないな!
そう感じたら、レバレージを一旦外す事も大事な決断です。

成功者はそういう事を繰り返しています。



こちらからBlogランキングに戻れます!クリック!

[PR]
by snapkin7snapkin | 2007-10-16 04:48 | 学び
<< 夢 ・ 技 ・ 心  言葉 >>