excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


世界の資金は巡り

お越し頂きありがとうございます!まずは、Blogランキング・ワンクリック! 『 カチャッ! 』 お願いします!!

株式投資をやってる友人の話では、
ここ半月ぐらいで、思いきり株で損した方が多いようです。

NY株式市場のバブリーな状態は、
日本の株式市場の過去のバブルがそうであった様に、
いつか終焉を迎えると言われていました。


アメリカで起こってる事だから日本には関係ない!
なんて見方は甘いようです。

今回の暴落のきっかけになった原因
『サブ・プライムローン問題』の影響を受ける
邦銀も有るようです。


『なんや?その話?』
とお思いの方も多いと思います。


かつて、日本の『住専問題』て有ったでしょう。
あれのアメリカ版みたいなのが起こっている。
しかも、世界の資金がめぐりめぐって、
何故か、日本や中国の銀行や金融機関が
不良債権をつかまされているとの情報がある。


『それと保険って関係あるの?』


大きな目で見ると、生命保険(例えば『終身保険』など)は
保障を兼ね備えた金融商品です。
基本的に、国債、株、債権を中心に運用してる訳です。

今回の『サブ・プライムローン問題』みたいなのが勃発すると、
その一部が焦げ付いて回収不能になる。

解かり易く言うと、
保険会社の運用部門が上手に分散投資してれば、
今回のような問題が起きても影響は少ないが、
もし、偏った運用をしていて、
その資金が回りまわって、
『サブ・プライムローン』に関係してたら
当然その影響を受けると言うことになります。
(例えば、運用難で配当0であった商品が、
やっと危機を脱して配当が出はじめたのに、
配当がまた0に戻るなんて事も有るかもしれません。)


では、現状ではこの問題、
どの金融機関にどれだけの損失をもたらすのか?

断念ながら、その事が現時点では本当に解からないようです。
でも、今後の動向をチョッと注意したほうが
よい問題だと思います。


こちらからBlogランキングに戻れます!クリック!

[PR]
by snapkin7snapkin | 2007-08-09 23:44 | 学び
<< お盆 代理店合併の跡 >>