excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


現場にしかない意見

シオノギ時代、技術営業をしていました。

青森だと、りんご試験場、農業試験場、畑作営農試験場、防除所(津軽・南部)の
先生方と病害虫の発生状況の確認、効果的な防除方法の確認、
そして、JAの指導員さんと、農家さんの畑で、
ハダニの卵を集めたり、
黒星病の病斑数をカウントしたり、
ミダレカクモンハマキムシの卵探したり、
そういう事をしました。

ここまでは、普通の技術屋さんがやることです。
その際に、非常に大事な事は、
畑を見たら、そのまま帰らないことです。
そのまま帰ると、自分が理論で構築した現場のイメージで
全て終わってしまいます。

現場にはリアルな答えや意見が一杯転がっています。
実は、こういった意見を一杯伺う方法が有ります。
『一緒にお茶を飲む』と言う事です。
畑ですから、『缶コーヒー』飲みながら一服つけて話をします。

そうすると、杓子定規じゃない話が出ます。
『ところで先生・・・・』と農家さんの話が出ます。
例えば、
『この薬は、非常に効果が高いが、薬を調合する時、
粉が舞って吸い込みやすい』
とか、
『現場では、1000リッターのタンクに半分しか薬を調剤しない時がある』
そんな現場しか聞けない意見がバンバン出ます。

そういった話を、ノートに控えておいて、
農家さんが一杯集まる説明会で、
薬の話だけでなく、そういった現場の意見や疑問を
織り交ぜて話すと、『この人は現場を知ってる人や!』となって、
話の信憑性が上がって、結果、会社の薬が沢山売れました。

やっぱり、保険の世界も現場をどれだけ歩いたか?
どんな意見が転がってるのか?
その事をしっかりと掴んでるかどうか?
それが大事だと最近富に思います。




現場にしかない意見、あなたは掴んでますか?

Blogランキング!

今日は何位かな?

クリック宜しくね!カチャッ! 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2006-12-10 10:47 | 学び
<< 早朝のコンビニ! ビジョン >>