excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビジョン

昨日は、チョッと有名な方とお電話で、
45分くらい意見交換させていただきました。


我々、若い代理店(45歳だと若くないか・・・・)には、

誘惑と、苦難が一杯ぶら下がっています。


『手数料ポイントの引き下げ』

『地域サポート代理店制度』

『高齢化した代理店との合併メリット・デメリット』

『若い代理店との合併メリット・デメリット』

『生保・損保並売のメリット・デメリット』


例えば、

『このまま、この規模では手数料率が下がる方向』
と言うのは苦難

『他の代理店と合併して規模を大きくすれば、スケールメリットが出る。』
と言うのは誘惑

でも、その誘惑の先にはまた解決しないといけない問題点が多々ある。

『下がった手数料を、生保の販売UPでカバーする!』と言うのも
魅力的な解決策でありそうで、実は違う気もする。。。。。。



その辺りを、代理店の大先輩のKさんに伺ってみました。

答えは至ってシンプルでした!

『自分は何がしたいのか?』を明確にしているか?

手数料を稼ぎたい!と言う方もいるけど、その段階の
『自分が何をしたいか?』ではいけない。

もっと言うと、『地域サポート代理店』に成る事が目標の代理店は、
成る事が最終目標にしてしまってる代理店は、そこで息切れして足踏む。

認定された先の夢やビジョンが明確な代理店は、
『地域サポート代理店』が1つの通過点に過ぎない。



さて、では、通過点の先に、何が必要なのだろうか?

人は、『あるべき論者』と『やりたい論者』がいる。
『あるべき論』で突き進むと、ため息がそのうち出て、
苦しむ事になる。

『やりたい論』で進むと楽しく歩めるが、
本気になっていない場合、モチベーションが下がったり、
やる気を失ったりする危険がある。。。。。


結局、『あるべき論』40%、『やりたい論』60%くらいの割合で
心がある時に、成功に向かって順調に航海できると思う。



さて、『やりたい』と言う事が大事である。
『地域サポート代理店になったら何がしたいか?』
『大規模事務所を持ったら法人として何をしたいか?』
『個人として、何がしたいか、どう成長するのか?』


『自分らしさをどう磨くか?』
これは、『ユダヤ人大富豪の教え』でも出てくる命題だが、
『何にワクワクするのか?』と言う事も含め
しっかりと見つめないといけない。

代理店がどうなりたいのか?
その為には、一緒に働くメンバー1人ひとりが何を目指すのか?
どんな人に成長したいのか?

そして、メンバーがどんなハーモニーをかもし出すのか?
そういうところに面白味がある!

それがKさんのお話のメインメッセージでした。




あなたらしさはなんですか?

何にワクワクしますか?

一緒に生きる仲間とどう成長したいですか???

Blogランキング!

今日は何位かな?

クリック宜しくね!カチャッ! 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2006-12-09 09:11 | 学び
<< 現場にしかない意見 チャレンジ・タイミング >>