excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


幸之助とミッション!!


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   




昭和初期に、松下幸之助はそこそこの成功を手にしていました。

会社も大きくなり、そこそこの利益を手にしていました。
当時、日本に2台しかない高級外車を乗り回していたと言う話も有ります。

そんなある日、友人の勧めで、有る宗教団体の施設を視察します。
そこで、松下幸之助が目にしたものは、
『生き生き、にこやかに、一生懸命掃除する信者の姿』でした。

松下幸之助は大きなショックを受けます。

『私の会社では、沢山の給料を上げているのに、
社員が、こんなに、にこやかに、一生懸命働いていない!
何故、こんな事が起こるのか?』



それから、松下幸之助は、その事を研究しました。


そして分かった事。



『自分のやっている仕事の意味、
社会にどのように役に立っているか?
どんな社会貢献が出来ているのか?
社会(消費者)から、
どんな『ありがとう!』が貰える仕事を
自分はしているのか?』

宗教団体の信者はそれを意識して働いていました。


『美しい環境で人々をお迎えして、快適に施設で過ごして欲しい!』という気持ちで
信者が掃除するから、にこやかに一生懸命掃除する。

その事に松下幸之助は気付きました。


その、松下幸之助の気付きのお陰で、
松下電器は世界的な企業になった!!
と言われています。



『世界の主婦を、洗濯の苦痛から開放する!』
と言うミッション(使命感)から、丸型撹袢式電気洗濯機が
昭和26年に完成させ、その後全自動洗濯機の開発に着手します。

松下幸之助が企業のミッション(使命感)と言う事に気付いていなかったら、
もしかしたら、白物家電の開発は今より何十年も遅れていたかもしれません。


『何故この仕事をするのか?』
『この仕事を達成すれば、消費者はどう喜ぶのか?』

保険業界は、『昭和の香りがする業界』と言われています。
『昭和の香りがする業界』の中で、業界のミッションをしっかりとつかんで、
『平成の香』に変えないといけないと思います。

数字だけを追い求めるのでなく、
この事をイメージ出来る保険会社と代理店が、
現在の大不況を生き残れる!
そう思います





今日の一言:あなたの仕事のミッション(使命感)をしっかりと意識出来ますか?




BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!

 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-04-11 11:54 | 学び
<< 従業員駐車場は 変化の裏にある >>