excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


放送業界の方と


ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



皆様、こんばんは!

この1週間で、放送関係の部長さん二人とお話しました。

1名は、民放キー局の営業部長、
もうお一方は、地方局の経理部長さんです。

お二方別々にお話したのですが、
全く、同じ事を仰っていました。


『デジタル放送への莫大な投資』
『その投資計画、返済計画に今回の大不況は織り込まれていない』
『放送局の淘汰が起こるかもしれない』

そんなショッキングな内容でした。


更に、共通するお話が続きます。

『夏のボーナスは、前年比50%以上ダウンするだろう。。。。』



(閑話休題)


これは、放送業界だけの問題ではありません。

インフラ整備、IT化、システム投資と言う事は、
各業界が物凄い資金を投入して行っています。


投資を何年間で回収するのか?

その見通しには、
経済状況、GDPの変化をしっかりと見つめる事が大事です。

日本のGDPは500兆円と言われています。

2009年度は、そのGDPがどこまで下がるのか?



日本の毎月の輸出金額をチェックする事が1つの指標となります。

大きな目で見ると、日本の毎月の輸出金額(貿易統計)は、
今回の金融危機前には、毎月7兆円前後だったそうです。

それが、なんと、この2月は3.5兆円にまで下がっている。

以前もこのBlogで書きましたが、
日本は海外への輸出に依存してる国です。
輸出が好調だから、
輸入品(原料・エネルギー・食料)が安く入ってきます。


でも、輸出が半減してる今、
未来はどうなるのでしょうか?
今年、来年のGDPはどうなるのでしょうか?

膨大な設備投資を行っている日本にとって、
回収目処はどうなるのでしょうか?

(閑話休題2)

そんな事を考えながら、
今日、有る金融機関の管理職の方と
お話しました。


固い金融機関は、真面目に、
回収出来る利回りで商品を作る。
だから、かなり低い利回りの商品が多くなってきている。


逆に、危機に面してる金融機関は、
資金調達が大事だから、
高い利回りで長期に預かる商品を売り出す傾向に有る。


分かり易く言うと、
借金に困り、お金が必要な人は
金利が高いサラ金からもお金を借ります。
サラ金は、危ない債務者と分かってて回収目処をイメージして
リスク分だけ高い金利を取ります。
プロだから、その認識がしっかり有ります。


ところが、金融機関が高利回りの商品を売り出した時に、
素人の消費者は、『利回り』だけに目が行って、
金融機関の『リスク』まで考えられない人が多いと思います。


これからの時代、『安全で高利回り!』と言う商品は少なくなります。
もっと言うと『安全だが低利回り』な商品の方が、
世界的な経済見通しに正直な商品と言えます。


これから、『金融危機の中で設備投資の返済問題』が
世界規模で勃発しますし、
来年の今頃は、日本では、かなり顕著な動きになると思います。

新たに金融商品の購入を検討される場合には、

是非、
『低利回りの意味は何か?』
『高利回りの意味は何か?』

しっかりと考えて決断頂きたいと思います。






今日の一言:利回りの意味は何か?




BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!

 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-04-08 23:54 | 学び
<< 変化の裏にある 今日から新学期!! >>