excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


営業のサポート


  ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   



私が、製薬会社の営業マンをやっていた時には、
年商4億以上の億マンと呼ばれていた。

全国で1000人近くいた営業マンの中で、
年商No1になった事もあった。



その当時は、目標打ち合わせ会議をしたら、
徹底して営業マンは特約店の営業のサポートをしたものだ。

予算を本社から引っ張ったり、
キャンペーン組んだり、
お客様に説明しやすい資料を作成したり、
新しい説明のプレゼンデモを作ったり、
新聞折込を行ったり、
とにかく協力体制を組む特約店には、
出来る限りの協力をして結果を出していた。

そんな対策を打って、
特約店の方に違う角度から商品を見て頂き、
やる気(販売する気)になって頂いた。




ところで最近の保険会社の営業マンは、
そう言う営業のサポートと言う事をキチンとやらず、
『目標設定をさせる』
そして途中途中で
『代理店さん自ら設定された目標ですから・・・頑張ってもらわないと!』
と代理店を追い込む営業マンが、
全国的に増えているようです。。。。。


そんなやり方の何処が営業なのか?????
良く分からない。。。。。




損保業界全体に、こう言った営業スタイルになっているのだろうか?
或いは・・・・・


営業サポートと言うのは、
もっと違ったものだと思う。


代理店が欠けている部分を上手に営業マンがカバーして、
営業手法の新しいアイデアを出して行く姿勢なんて
もう、無いのかもしれない。



そんなお話を、以前、有る管理職にお話したら、

『営業のプロの代理店さんに、営業のアイデアを出すなんてとても出来ません!』
『代理店さんこそ、営業のプロでしょう!』
『今、総合職の数が減り、細かいフォローは難しくなっている!』

と言った言い訳ばかり聞こえてきた事も有った。



こんな事なら、
『営業職』とは言わずに、
『代理店管理職』と言う名前を付けたら良い!!


もっとも、代理店がお客様の為にどんな事に神経を使い、
どれだけの時間を使ってるかが理解できていない『代理店管理職』が増えてますから、
『代理店管理職』の方とは、『営業上の打ち合わせ』でなく、
もっと距離を置いてお付き合いすべきなのかもしれません。。。。。


さびしい時代になったものです。。。。。。。

今日は、チョッと辛口の話でした。


本日の一言:あなたの担当営業マンは、『営業職』と呼べますか?
『代理店管理職』ではありませんか?





BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!

 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2009-03-17 22:55 | 営業
<< 持ち駒を大切にする!! 追いつき、追い越すには? >>