excitemusic

41歳で保険業界に転職し、TOP営業マンを目指す著者の説法集!!     写真をクリックするとアップで見れます!
by snapkin7snapkin
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


同じ演技をしていないか?


  ランキングの投票にご協力ください!クリックお願いします!   


ヒロ・ヤマザキは青森にいた頃、
伊奈かっぺい師匠の津軽弁劇団『雪の会』に所属していました。

当時、公演を県内あちこちでやって、同じ芝居を20公演くらいしてました。

さて、伊奈かっぺい師匠が出演される津軽弁のお芝居ですから、
かなり面白い。

劇団員も自分の出番が終わると、舞台袖の邪魔にならないところから、
ステージをじっくりと見守りました。

そして解かった事。


芝居って、同じ台本、同じ役者、同じスタッフで公演しても、
毎回、笑いが起きる部分が微妙に違うのです。

若い子が多い時は、ボケと突っ込みが受ける。
御婆ちゃんが多い時は、何故か下ネタが受けたり、
観客に親父系が多い時は、ジャダレガ物凄く受けたり、

当然、演ずる役者は、今日の観客の笑いのツボを抑えて演じます。
笑いのツボを強めに押して、しっかりと笑と感動を取っていきます。

(閑話休題)


芝居って、観客の心の中で展開してるんです。

だから、同じお芝居を見ても、
笑う人、笑わない人
泣く人、泣かない人
感動する人、感動しない人が
出てきます。


11月にこのBlogで書いた

『花は観手に咲く』

と言う言葉もそう言う意味です。




実は、営業にもこの事が言えます。

同じトークをしても、
反応する人、反応しない人が出ます。



駄目な営業マンは、観客が笑わないのに無視して、
そのネタを同じテンポで進めます。


売れる営業マンは、
お客様が反応する、スイートスポットを
しっかりと捕らえて、そのツボをしっかりと押します。

だから、お客様は真剣に話を聞いてくれるし、
商品が売れます。



『花は観手に咲く』


これは、営業にとって物凄く大事なテーマです。


あなたは、お客様の反応を受け止めていますか?
お客様は何を受け止めて欲しいのでしょうか?
それを受け止めないで、
台本通りに演じても、お客様の心は冷えるばかりです!

質問をしっかりとしましょう!
そしてお客様の話をしっかりと伺いましょう!
更に、お客様の目の表情をしっかりと見ましょう!
お客様の話をしっかりと受け止めましょう。

営業はそれからです!!





BLOGランキング投票に、ご協力ください!!
⇒ここをクリック!

 

[PR]
by snapkin7snapkin | 2008-12-17 17:15 | 営業
<< ケセラセラ!&努力 ダムをどう決壊させるか? >>